1. ホーム
  2. 活動報告一覧
  3. 薩英文化祭

活動報告

「薩英文化祭」

日時:
平成26年10月26日(土) 10:00 ~ 16:00
場所:
鹿児島市中央公園(テンパーク)
案内チラシ

案内チラシ

ステージ前の観客と展示・即売等テント

ステージ前の観客と展示・即売等テント

当協会が協力団体として参加した「薩英文化祭」(鹿児島市主催「明治維新100年記念カウントダウン事業」の一環)が好天のもと多くの観客を集めて開催されました。内容は以下の通りです。

<オープニングセレモニー> 10:00 ~ 10:40

1. 開会宣言

2. 日英国歌演奏

鹿児島市消防局音楽隊

鹿児島市消防局音楽隊

3. 主催者挨拶
鹿児島市副市長挨拶

4. 来賓挨拶
在大阪総領事挨拶

5. 記念演奏
『スコットランド・ザ・ブレイブ』(ラムゼイパイプバンド(大阪))

6. 薩英交流紹介
鹿児島日英協会会長 (薩英戦争、留学生派遣、英人医師ウィリアム・ウィルスの西洋医学普及、種子島で救助された難破英国商船乗組員のインギードリの贈呈、英国人商人によるエラブユリの発見、東郷平八郎の英国留学、最近の鹿児島の大学生による英国でのホームステイ語学研修訪問等、これまでの鹿児島とイギリスの関わりについて概観しました。)

7. 薩英友好宣言
英国ホームステイ語学研修経験のある志學館大学女子学生2人と在鹿元ALT英国人青年が、これまでの鹿児島と英国の友好関係を振り返り、今後いっそうの交流親善を図りたいと、日本語と英語で力強く『鹿児島とイギリスの青少年友好親善宣言』を読み上げました。

友好宣言を読み上げる元ALTと女子学生

友好宣言を読み上げる元ALTと女子学生

シアラー総領事と当協会展示テントの前で

シアラー総領事と当協会展示テントの前で

8. 閉会の挨拶

 

 

<特別講演> (10:40 ~ 11:30)

講師:尚古集成館副館長 松尾千歳氏 (当協会理事)
演題:『描かれた薩英戦争?薩英戦争絵巻の紹介』

(薩英戦争後の薩摩藩の留学生派遣や、イギリスの新聞の日本人の優秀さへの言及等を通して、戦争から親善、ひいては日英同盟につながったという講演の後、鹿児島の歴史・文化に誇りを持って欲しいとの若者へのメーセージもいただきました。)

<バグパイプ演奏>

『ラムゼイパイプバンド』の皆さんに、バグパイプの歴史や、演奏法等についてのユーモアあふれるトークを交えてスコットランドの名曲を演奏していただきました。

ラムゼイバンドの皆さん

ラムゼイバンドの皆さん

薩英文化祭のステージで

薩英文化祭のステージで

<展示、実演、即売等> (10:00 ~ 16:00)

鹿児島市、鹿児島日英協会、仙巌園(尚古集成館)の展示・紹介、エラブユリ(歴史紹介と関連舞踊披露、球根販売)、インギー地どり(歴史紹介と「インギー丼」即売)、温州みかん(satsuma:歴史紹介と販売)、薩摩焼(歴史等紹介)、紅茶(実演と販売)、ガーデニング(ハンギング・バスケット製作実演、販売)、英国小物(販売)等の展示・即売、英国起源のスポーツ「シャッフルボード」紹介と体験、吹奏楽(小・中・高金管バンド、吹奏楽部)、スチールバンド、バトントワリングの演奏、パフォーマンス等、素晴らしい展示やパフォーマンスが繰り広げられ、鹿児島とイギリスの関わりの深さ、広がりを認識、体験していただきました。

ページの先頭へ戻る